室町戦国的な関東秩序の破壊をもたらす序章となった大乱



天正壬午の乱 増補改訂版

天正壬午の乱とは聞き慣れない用語だが、織田家崩壊後空白地帯となった甲信地方の、上杉・北条・徳川による争奪戦のことである。
織田家による武田領併合後ほどなくして本能寺の変を迎えて甲信における織田支配体制は十分に確立されぬまま崩壊した。
その空白を狙って勢力拡大を図る上杉・北条・徳川の強国と真田・木曾など地域中小勢力によってこの戦乱が起こったのであるが、強国同士による決着は地元中小勢力の利害と並び立たなかった。
このぎくしゃくした関係が結局火種としてくすぶり続け、豊臣による北条討伐を呼ぶことになるのである。
同時にそれは豊臣による西国勢力によって室町戦国と独自に形成されてきた関東の東国秩序を破壊する前触れともなった。

この戦乱の時期は本能寺の変から山崎の合戦、清洲会議、賤ヶ岳の戦いへと至る織田政権の動揺・再編成期と重なっており、従来はどうしても日陰に回りがちな事件であったが、動員兵数・地域の広大さなど規模にして決して織田家の内乱に劣るものではない。
そして著者が指摘しているように、この戦乱の決着が徹底されておらず矛盾だらけであったがために、のちに豊臣政権に東国介入の口実を与え、小田原征伐を招くことになるのであり、戦国的秩序の最終段階とその限界性について、示唆に富む内容である。

本文は勢力ごとに叙述されるため、時間軸が前後したり記述が重複したりしてやや煩雑なところもあるが、文章自体は簡潔で読みやすい。
史料は解説が付されていて理解を促し、利害対立や前後の歴史的状況などもわかりやすく、工夫されている。
図版も多く、戦国時代好きにはおすすめできる一冊である。

天正壬午の乱 増補改訂版



大学受験参考書

The amazon review

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック